読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「プロゲーマー 梅原大悟の勝ち続ける意志力」読了

Chikirinさんのブログを読んで、気になったのでAmazonで購入。
YouTubeにもあがっている「背水の逆転劇」。


背水の逆転劇

ストリートファイターを知らない人には何だかわからないと思うがマジで神業。
しかも体力ゲージが1ドット、一撃で死ぬというときの落ち着きと集中力。
ストリートファイターⅡは自分も死ぬほどやったゲームなので、梅原さんの凄さが良くわかる。。。


梅原さんはタイトルにもあるように勝ち続けることにこだわっているプロのゲーマー。
同じ格闘ゲームではなく、様々な格闘ゲームでタイトルを取っている。
梅原さん曰く、「勝つこと」と、「勝ち続けること」ということは全く別であると。
勝ち続けるためには常に変化が必要であると。

この本が面白いのはただのゲームが好きな人の話ではなく、人間やビジネスの本質を突いた本だということ。
他のビジネス書にありがちな、成功の部分だけに特化していないために、苦悩の部分もリアルに伝わってくる。
読み物としても面白いし、ビジネス書としてもすばらしいと思う。

 

ソフトウェア開発にも通じるものがあり、そのひとつであるアジャイル開発に通じるものがあると感じた。小さく失敗し、洞察を行い、また次につなげていく。
そして重要なのは、「戦略」ではなく「戦略を生み出し続けることができる力」にあると言っている。
スポーツ、株、勉強、ソフトウェア開発と様々なことに示唆を与えてくれる本だと思う。


以下、ズギュンと来た言葉。

「そもそも勝負の本質は、その人の好みやスタイルとは関係のないところにある。」

 

「自分を高めるということは、自分の引き出しを一杯にすることではない。より新しく、かつ良いものを生み出し続ける姿勢こそが遥かに大事なことではないだろうか?」

 

「失敗ばかりを恐れ、何もしないというのが一番いけない」

 

「自分を痛めつけることと、努力をすることは全然違う」

 

「結果に固執しないと結果が伴う」

 

「頂点を極めた人間は高みで構えて、挑戦者を受け止めなければいけない」

 

「若いうちから失敗癖をつけておけばトライ&エラーが当たり前の習慣になる。失敗に強くなる。」

 

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)