Scrum Master THE BOOK 読了

先日献本いただいたScrum Master THE BOOK(スクラムマスター ザ・ブック)の発売日に合わせて、感想文を書きました!

スクラムマスターとチーム

この本はスクラムマスターとチームに焦点を当てて書かれています。特にスクラムマスターに必要なマインドセットとソフトスキルがきっちり書かれているのが印象的です。スクラムガイドだけでは分からない現場のリアルな悩みと方針が書かれていますので、自分自身だけではなく、チームの指針にもなりそうです。グレートなスクラムマスターになるまでは、困ったときはすぐに手にとれるようにしておきます。

客観的なチェック

要所にあるExerciseというワークを実施することで、自分がスクラムマスターとして良いふるまいをできているか、チームがどのような状態にいるかが客観的に分かります。 自分達のチームが「個人の集まり」なのか「本当のチーム」か(Exerciseの一つとしてあります)を勇気をもって見てみましょう。 本に書き込みをすることに抵抗がある人いるかもしれないですが、ワークを定期的に実施し、書き込んでいくことで自分やチームの本として育てていけそうです。

読みやすさ

現場の一線で活躍するスクラムマスターたちがモブで翻訳しただけあってかなり読みやすいです。技術書に「なる早」って単語はなかなか見ないと思いますが、それくらい馴染み深く、そしてシンプルな言葉で書かれています。日本語として引っかかるところがなくて、綺麗な訳だなぁと見とれてしまいました。

グッときたところ

個人的にグッと来たところを数点書いておきます。 もちろん他にも良いところはたくさんありますし、その人のステージによって刺さるところも違うと思いますので本書を読んでほしいです。

スクラムマスターは、チームの秘書ではなく、チームが自分で障害物を取り除くのを助けます。

本にも書かれているとおり、スクラムマスター自身が障害を取り除くのは短期的な視点であり、長期的にはチームのためにはならないですよね。 自分達自身で障害を取り除いていく方法を、みんなで学んでいかないといけないですね。

チームや組織の一歩だけ先を行き、、チームを習慣、規範、癖から引きはがします。 あまり先に行きすぎるとチームはスクラムマスターの言うことをほとんど理解できなくなります。

これは自分の経験でもそういうことがありました。人には段階(状態)があって、その状態にないと次の段階にいけないことが多い気がしています。
山のガイドみたいに、少し先を歩くことで後ろの人達がルートに迷わないように、また分かれ道で判断の間違いをしないようにするのがスクラムマスターの役割であるというイメージを持ちました。

スクラムマスターの心理状態モデルにあるアプローチはいずれも重要です。 しかし、とても大事なピースがまだ一つ欠けています。それは観察です。

自分にとっても観察はとても重要なスキルの一つです。意識しないとどうしても現場を見ずに理想だけを語りがちになっちゃいますよね。それはもしかしたら先に行き過ぎている可能性が高いのではないでしょうか。一歩だけ先を行くためには、その人がいまどの状態にいるのか観察をする必要があると思います。

チームの4つの毒 ・非難する ・守りの姿勢 ・壁を作る ・侮辱する

以前所属してたチームが自分にとっては最悪のチームだったため、チームの話には敏感になっているから刺さった可能性が高いです。ただ、内容を読んでいくと、自分もそういうことをしている可能性があるなと気づきました。チームの雰囲気が悪くて悩んでいる人は是非読んでほしいパートです。

この本は自分でも使っていきたいですし、今アドバイスしているチームのスクラムマスターにもお勧めしようと思いました。 原著者のZuziさんと翻訳者の方々に感謝いたします。どうもありがとうございました!

More Effective Agile “ソフトウェアリーダー”になるための28の道標 読了

通称「もえアジャ」を読んでみました。

実は結構前に読み終わってブログも書いていたのですが下書きが消えてしまって、同時にやる気も消えてしまっていました。。。 頑張って書きました(2回目)

この本は英語版のときから上司が絶賛していたのですが、その訳が分かりました! 先日社内のQA向けに本の内容を紹介したのですが、その上司は「今のエンジニアでアジャイル開発の影響を受けていない人はいないはず。エンジニアは全員読む価値がある。」と言っていました。結構ハッとしました。

自分がこの本が素晴らしいと思うところは以下の3つです。

1. 組織文化、対話、品質・テストを含め開発に必要なものが広く網羅されている

新しくアジャイル開発を取り入れる組織にとっては役立つと思います。シーケンシャル開発と対比されているところもかなり参考になります。

2. 具体的なアクションが書かれている

各章の最後に「推奨リーダーシップアクション」として具体的なアクションが書かれています。そのため導入時や迷ったときにアクションにつなげやすいと思います。 しかもそのアクションが検査と適応になっていてスクラム知っている人ならわかりやすいです。

3. 冷静な目で書かれている

主観ではなく、論文などを引用しながら効果が述べられています。 例えば、モブプロについては「これらのプラクティスを実践して成功を収めているチームもいくつかあるが、その有効性にはまだ疑問の余地がある。」と書かれています。

グッと来たところ

スプリント疲れに対処する方法の 1つは、スプリントの長さをたまに変えてみることである。

これは興味深いですね。リズムを作ることが良いことかと思ってましたが、それにより疲弊することもあるということでスプリントの長さを変えてみるという話でした。本文では2週間6, 1週間1という感じになっていましたが、1週間スプリントをリリース終わったタイミングで2週間とかにするのもいいかなと思いました。

アジャイル開発は従来の「テスト」の重点に 4つの変化をもたらした。 1つ目は、開発者によるテストをさらに重視するようになったことである。 2つ目は、フロントローディングテスト──つまり、機能を作成したらすぐにテストすることを重視するようになったことである。 3つ目は、テストの自動化をさらに重視するようになったことである。そして 4つ目は、要求と設計を改善する手段としてテストを重視するようになったことだ。

これは上司を説得するときなどに使えそうですねw

スクラムにおいて最もよくある失敗モードの 1つは、無能なプロダクトオーナー( PO)である。

以前社内で研修をしたときに、「もしかしてうちの会社の問題はPOが不在ってことなのでは?」という人がいたのを思い出しました。とにかくプロダクトに関する責任や決定権がボンヤリしていると進むものも進まないイメージです。

大規模な組織によく見られるパターンは、変革サイクルをいくつも開始した挙句、そのほとんどが実を結ばない、というものである。このようなサイクルを何回か経験すると、メンバーは身を潜め、自分の身に火の粉が降りかかる前に立ち消えになることを願うようになる。

これも胸が締め付けられるような思い出が蘇ります。自由にできる雰囲気、失敗を責めない雰囲気を作らないで名前だけ先行するとグダグダになることが多い気がします。 改革、イノベーションなどが付けたプロジェクトからはイノベーションが起きないと思っている派です。

上司の受け売りになりますが、現場で困っている人もアジャイル開発懐疑派の人も色々な人に読んでほしい本だと思いました! あと翻訳者の長澤さんがJSTQBの用語の合わせてくれたということで、テストクラスタの人も読みやすいと思います。

テストの現状調査レポート2020

翻訳チームの一員として毎年翻訳しているテストの現状調査レポート2020が出ました! 今回で7回目で世界のテストエンジニアに関する調査結果が載っています。

個人的に面白かったところをピックアップします。

テスターの年収

注目はとにかくアジアです。 10年以上のテスターは$95Kとかなり高くなっています。 2019年は$48Kだったので倍くらいですね。若干調査が偏った可能性もありますが、高くなっているのは間違いないでしょう。 アジアの集計には日本も入っているはずですが、それ以上に高いところ(たぶん中国)があったということだと思います。

日本のテストエンジニアの給与が456万円ということで日本とも倍くらいの開きがありそうです。日本でテストやQAの技術をもって、英語のスキルがあれば10年目くらいで1000万は目指せるのかもしれません。

f:id:nemorine:20200721213336p:plain
テスターの年収

組織内の開発スタイル

これも毎年気にしていますが、アジャイル/アジャイル的が89%とウォーターフォールが32%となってます。テスト側からの切り口で見ているので、そこそこ信頼できる数字だと思います。

f:id:nemorine:20200722094748p:plain
開発スタイル

CI/CDとの関わり方

46%の回答者が積極的に関わっているとのことです。
これからもテスターがCI/CDに積極的に関わっていくのだと思いますので、来年もこの指標は要チェックです。

テスト技法と方法論

こちらは探索的テストが84%と大きくなってきます。複数回答ありで、スクリプトテストの割合も高いので色々使い分けているのだと思います。もう少し掘り下げれるとさらに面白そうですね。

f:id:nemorine:20200722094801p:plain
テスト技法と方法論

スクリプト化/自動化

機能テスト、リグレッションテストとCI/CDは安定の感じです。
それに加えて、単体テストが増えてきてます。テスター向けの調査なので、テスターが単体テストも担当するようになってきている流れだと思います。

f:id:nemorine:20200722094813p:plain
スクリプト化/自動化

他にも興味深い情報が沢山載ってます。テスターじゃなくても楽しめると思います。
ダウンロードは下記からどうぞ♪
http://qablog.practitest.com/state-of-testing/
Download report in Japanese: ダウンロード より

TOPページにはこちらも翻訳を手伝ったテスターちゃんが載ってます。

f:id:nemorine:20200722094706p:plain
テスターちゃんを持っている

元カノは良かった症候群

チームメンバーに何かあるごとに「昔のチームだったらできた」とか、「(いまはいない)あの人だったらやってくれてたのに」という人はいませんか?

自分はそれを「元カノは良かった症候群」と勝手に呼んでいます。 そう、元カノは良かったのにーというアレです。( ꒪⌓꒪)

症状

こんなセリフがでると要注意です。

  • 「昔のチームはこうだったのにー」
  • 「あの人ならこうしてくれるのにー」
症状にいたる状況

過去にとても良いチームに所属していた、できる人と仕事をしていた人が別のチームに移ったときに発症することが多い気がします。メンバーでもリーダーでも発症することがあります。リーダーの場合は影響が大きいのでさらに厄介です。

周りへの影響

コミュニケーションとして人と比較してダメだしするのは基本的にNGだと思っています。言われた方もテンションがダダ下がります。
自分が実際に言われたときは「じゃその人連れてこいよ!ク〇が!」と思いました。

処方箋
  • 人と比較するのをやめてもらう
  • 現状のチームや個人で何が足りないかだけを言ってもらう
  • 少しずつ改善していくことに合意してもらう
  • 上記ができなかったら「いやー 以前のチームメンバーにはそういう比較する人いなくてよかったなー」とブーメランを返してあげましょう

とにかく理想に近い環境で仕事をできていて、その環境が変わった場合に”現実を認められない”のだと思います。 もちろん言っていることに納得できる部分もあるのですが、比較された瞬間に心の距離が遠くなります。 今のチームや個人の実力を考えると、理想が高すぎてすぐにはできないこともあります。

チームメンバーの心がサメないように、この症状が出そうなときはジンベエの名言を思い出したいと思います。自戒も込めて。無いものは無いんです。

f:id:nemorine:20200718103017p:plain
ONEPIECE 60巻 ©尾田栄一郎 / 集英社

JaSST'20北海道参加報告

ソフトウェア系のイベントが立て続けで嬉しい悲鳴。
今回はJaSST'20北海道です。準備ではあまり貢献できなかったけど、当日頑張りました!主に最初のマイクチェックw

まとめは以下からどうぞ。

togetter.com

基調講演 「なぜ大規模SIerで探索的テストを推進しているのか? ~NTTデータが目指すソフトウェアテストの世界~」

熊川 一平(NTTデータ

探索的テストマニアとしては聞き逃せない基調講演。エビデンスが求められる熊川さんの会社の特性とメリットが多い探索的テストの特性を上手くつなげていく取り組みや考え方の紹介でした。

探索的テストとアドホックのテストの違い

熊川さんは探索的テストを特徴づけているのは下記の2点だと考えているとのことです。

  • 探索的テストは思考するプロセスがある。
  • 探索的テストはふるまいを観察するプロセスがある。

@探索的テスト研究会

探索的テストの効果

時間あたりのバグ摘出件数でいうと、探索的テストはスクリプトテストの10倍とのことです。こうかはばつぐんだ!
熊川さんが8プロジェクトを確認して出していた定量的なデータは探索的テストの導入資料などに有用だと思います。スライドが出たら貼りたいと思います。

Sonar Testing 用のツール

探索的テストではエビデンスが残らないのが一つのネックとなっていますが、熊川さんはツールを使うことで解消していました。

Web画面の操作は裏で記録され、シーケンス図や画面の状態遷移モデルとして確認することができるようでした。このツールはいまOSS化を進めているということだったのでとても期待しています♪

アツい想い

熊川さんの使命は"技術者がもっとパワーを発揮して、楽しく仕事ができるようにする"ということ。 アツい想いが溢れる発表で、SI業界を変えていくぞという本気度をガンガン感じました。一緒に飲みたかったなぁ。。。

招待講演「美味しくいただく為のハンティング」

玉木 康雄(玉翠園)

玉木さんは玉翠園というお茶屋さんをやっていますが、祖父から水を守らないといけないと言われてハンターもやっているそうです。

忍び猟

忍び猟とは気配を消して探索し、獲物に気が付かれないように狙撃ポイントにつき、「一撃」で仕留める猟法です。
シカの急所である前足の付け根、または頭を打ち抜くことで、シカを苦しまずに仕留めることができます。苦しまずに仕留めたシカの肉はおいしいとのことです。また苦しんで死んでしまったシカの肉はおいしくなくなってしまい、その状態は「肉が煮えた」と呼ぶそうです。

自然への敬意

プレゼンの最初から最後まで自然や生き物を尊敬する気持ちが見えました。

ハンターのふりかえり

終わった後のふりかえりは楽しいとのこと。時間は30分~40分。ある状況での様々なパターンを考えるが、決して考えすぎない。失敗は武器を磨くための砥石という金言が心に残りました!
JaSST北海道の当日の朝に書いた"ワールドトリガーに学ぶ「ふりかえり」"と話しが本当によく似ていてデジャヴを感じました。

ワールドトリガーに学ぶ「ふりかえり」 - nemorineのブログ

まとめ

以前の地震、停電での延期に続き、今年はコロナ対応でオンラインになりました。 短期間でオンラインに変更したことはかなり大変なことですが、リハーサルも重ねたり、休み時間を多めにとってリスクに備えたりとできる限りのことはやっていました。準備にはあまり参加できなかったのですが、素直にすごいと思います。
当日は熊川さんの講演を聞くことで自分の考えもだいぶん纏まりました。少しずつブログでアウトプットできればいいと思っています。
基調講演から事例発表、招待講演までつながりがあって一参加者としてもとても勉強になりました。 あと、、、銃を触らせてもらえるなんてドキドキしました。

f:id:nemorine:20200706215646j:plain
銃を構える

打ち上げ

実行委員の打ち上げは「とちのもん」というお店。 シカ肉とラム肉とヤングコーンがめちゃ旨かったです。

f:id:nemorine:20200706215530j:plain
ラム肉とシカ肉

f:id:nemorine:20200706215519j:plain
髭までおいしいヤングコーン

スクラムフェス大阪参加報告③

午後はアジャイル札幌のメンバーによる北海道セッション。

マインスクラム ダンジョンズ - グループからチームへと変化するための戦い

ちもさんによるセッション。キャパを超えた仕事を抱え、ただ集まっているだけに見えたメンバーがチームへと変化していく過程を紹介してくれました。 一つひとつやることを決めて確実に実施していく、巻き込んでいくスタイルはもはや”ちもスタイル”と呼んでもいいレベル。

上手いと思ったところ。

  • 一つのタスクをペアでやるようにした ⇒ 他の人の仕事を知る
  • 外部の問い合わせをちもさんが受けるようにした(託児所パターンに近い) ⇒ 時間に余裕を作る
  • 偏愛マップを使う ⇒ 他のメンバーをさらに深く知る

そしてなんとこのセッションの前日には、ブレイクスルーとなるようなミーティングが行われたとのことでした。 これは続編も楽しみすぎますね。

オンラインアイスブレイク小ネタ集

アジャイル札幌一優しい男?であるかみとさんによるセッション。
最初の小ネタがすごいアイスブレイクでしたw

色々な人からアイスブレイクを集めて”ゲーム系"、"自己開示系"、"お笑い系"にカテゴリ分けしました。
お手軽度、お気楽度、時間などが書いてあるのでチームでトライしてみてください。 あっ もし面白いネタがあれば追加もお待ちしてますとのことです。

docs.google.com

オンラインのホワイトボードツールのMiroを使ってみろ! ~オンラインでのスクラムチーム、スクラムマスターのふるまいを考える~

楽天札幌の横山さんとnemorineのセッション。 横山さんのmiroの知識が深くて、一緒にセッションを実施してる自分が勉強になりました。。。 ショートカットやチュートリアルのやり方を知ると効率的に学習できそうですね。 やっぱり動かしながらって最高ですね!!

後半はmiroを使いながら、何点か悩みを話していきました。

f:id:nemorine:20200703111944p:plain
miroを使いながら考える

紙粘土スクラムオンライン(KSO)~2スプリント1本勝負~

最後は顧客役に定評がある庄田さんとnemorineのセッション。
いつもは半日で実施する紙粘土スクラムを45分で実施しました。(できませんでしたw) 普段は紙粘土で実施するワークを今回はオンラインホワイトボードのmiroを使い、オンライン上で動物園を実現していきました。

時間はかなりタイトだったのですが、チームメンバー同士が対話をしながら動物園を作っていました。
庄田さんとかみとさんがそれぞれのチームのPO役として入ってもらったため楽しく学ぶことができたようです。 次回はフルバージョンでもっとスクラムについて、ロールについてさらに深く考えたいと思います。 参加してくれた方々、どうもありがとうございました!

今回の可愛いキリンを紹介します♪

f:id:nemorine:20200703114027p:plain
ペアキリン

ワールドトリガーに学ぶ「ふりかえり」

ワールドトリガー1ではチーム同士が戦いランクを競う模擬戦という仕組みがあります。オペレーターが試合を実況し、経験豊富な隊員が解説していきます。また試合が終わった後にはビデオを見ながらふりかえりを実施します。
今回はそのふりかえりがめちゃくちゃ素晴らしいのでいくつか素晴らしいと思う点を紹介をしたいと思います。

事実ベースをもとにふりかえる

試合後すぐにビデオを見て、実際の行動を把握していきます。またそのときの状況における複数の選択肢やその判断が適切だったかを確認します。またリアルタイムで見ていたときには気付かなかったターニングポイントなどもチェックします。

f:id:nemorine:20200703073140j:plain
ワールドトリガー22 ©葦原大介

ソフトウェアの開発の場合も一回事実を整理した方が良いふりかえりができます。特にスプリント期間が長い場合はスプリント初期に何があったかを忘れてしまっていることが多いです。KPTやYWTの場合も最初に事実整理をする時間を作ると良いふりかえりになると思います。
時系列にそって事実整理したり、感情を表したりするタイムライン2というふりかえり手法もあるので参考にしてみてください。

ファシリテーターの質問力

実況はオペレータが務めますが、このオペレータのファシリテーションが超優秀なのです。解説者は経験が豊富なので、その経験を引き出すような巧みな質問をします。例えばC級のみんなが考えそうなことを敢えてA級隊員にぶつけることで、上位ランカーがどういう風に考えているかを引き出していきます。

f:id:nemorine:20200703073143j:plain
ワールドトリガー12 ©葦原大介

開発のふりかえりでも同じように有識者と上手く対話をすることで、有識者の考えや判断の根拠となった過去の経験などを引き出すことができます。それをチームとして共有できるとより一層チーム力が上がっていきます。

新しい技術の紹介

各チーム、各隊員は新しい戦いのスタイルや新技を使います。ふりかえりではこれらを理論立てて推測することがあります。もちろん不公平にならないようにシーズン終盤などに種明かしをするようです。

シーズン終盤だとしても技の種明かしは一見各チームの強みを取り上げてしまうように見えます。しかし、その技の対策を考えたり、その技をヒントにした新技が出てくることで他のチームがどんどん成長していきます。ボーダーの真の目的はネイバーとの戦いのために様々なチームの成長が欠かせません。

f:id:nemorine:20200703073151j:plain
ワールドトリガー22 ©葦原大介

ソフトウェア開発でも個々が技術を抱えるのではなく、チーム、組織で情報をオープンにしていくことでさらなる成長が見込めます。

参考

ちなみにこれらの実況・解説の仕組みを作ったのは武富桜子(15)。有能すぎる。。。

f:id:nemorine:20200703073155j:plain
ワールドトリガー16 ©葦原大介

ワールドトリガーというマンガを知らない人には意味が分からないと思いますが、これを機会に読んでもらえると嬉しいです。


  1. 葦原大介先生のマンガ。めちゃくちゃ面白い。

  2. アジャイルレトロスペクティブズ オーム社