ソフトウェアテスト

テストの現状調査レポート2020

翻訳チームの一員として毎年翻訳しているテストの現状調査レポート2020が出ました! 今回で7回目で世界のテストエンジニアに関する調査結果が載っています。 個人的に面白かったところをピックアップします。 テスターの年収 注目はとにかくアジアです。 10…

JaSST online Anemone参加報告

今日はJaSST東北で作成した"かんばんリスト"の仕様書を使ってのテスト分析ライブ+OSTでした。 まとめは以下になります。 https://togetter.com/li/1545941 テスト分析ライブ はるすぷさんとパインさんと猫課長(にしさん)のライブが圧倒的で、技術よりのテ…

エクセルの t検定を使ってパフォーマンスを検証する

エクセルのt検定を使ってパフォーマンスを検証する パフォーマンスの検証ってどうやってますか? いままでは複数回計測して、平均値、または中央値で比較することが多かったです。 今回はもう少し厳密にやろうと思いエクセルを使ったt検定で有意かを確認して…

チワワ用の温度計

ソフトウェアテスト技法練習帳について、ka'sさんという方がTwitterでこんな感想をくれました。 示唆に富むツイートだったので同値分割担当として考えてみました。 1.1のお題を解いたのだけど同値分割、境界値分析すごいね。温度が関係するテストって実際の…

2019年のソフトウェア系のふりかえり

2019年も終わりに近づいたということで、ソフトウェア関連のイベントをアジャイル系の活動とソフトウェアテスト系で分けて、ふりかえりをしてみます。 アジャイル系の活動 アジャイル札幌のイベントもここ1、2年で多くなりました。これ以外にも読書会がコン…

受動態 or 能動態 ②

反響が良かったのでもうちょっと書いてみました。 今回は受動態と能動態のメリットを考えてみようと思います。 受動態のメリット 英訳がしやすい 会社によっては書いたテストケースを翻訳することもあるのではないでしょうか? 主語をはっきり書く英語では受…

受動態 or 能動態 ①

ソフトウェアテストの小ネタということで渾身の小ネタを書こうと思います。 ソフトウェアの小ネタアドベントカレンダーの10日目です。 ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2019 - Qiita スクリプトテストの書き方の小ネタ 自分がスクリプトテストを…

JaSST'19東北で同値分割のワークしてきました

今年で7回目となったJaSST東北に実行委員として参加しました。 2013年に立ち上げてから早7年。立ち上げたときはバタバタ過ぎて、ここまで来れるとは想定していなかったけど大分遠くへ来たなぁと改めて思いました。 ソフトウェアテストの練習帳 今年はなんと…

境界の仕様

ソフトウェアテストの#2のアドベントカレンダーの12/16のエントリになります。 今回は自分がやらかしてしまった境界の仕様の話をしようと思います。 あるセンサーのデータを収集する機能があります。 そのままデータ収集を続けるとデータが多くなって、DBの…

バグをxxと呼ぶ

バグをドラゴンと呼ぶという記事が世に出たのが2年前。 http://konifar.hatenablog.com/entry/2015/05/02/003449 そろそろ新しい呼び方を提案していく時期だと思います。 実は考え始めると難しくて、バグに対する3つの行為をうまく置き換える必要があります…

TEF道イベントの勝ちIBURIの会 ーテスト設計コンテスト優勝記念ー

TEF道イベントの勝ちIBURIの会 ーテスト設計コンテスト優勝記念ーに参加しました。 テスト設計コンテストというテストエンジニアの最高峰を決める戦いがあります。 http://aster.or.jp/business/contest/finals.html そこで優勝した北海道のチームSTUDIO IBU…